留学してTESOLを習得するための準備

TESOL(英語教授法資格)とは、英語以外の言語を母国語で使用している人たち(英語圏で暮らす留学生や移民の方、そして英語を外国語として学習している国の人たち)に英語を教えるための教授法を意味します。国際的に認知されている資格なので、この資格を有していると、英語教育者として相応の知識や技能を有している人というという証明になります。留学するための出願要件は国によって異なり、アメリカやオーストラリア、カナダにおいては英語指導の経験がない場合にTESOLコースへの出願すら不可能なケースも多く、イギリスの場合は修士号を1年ほどで取得できるところもあるため学費を安く済ませることもでき、早く働きたいという方にはメリットです。また、イギリスは、出願時にIELTSのスコアが足りていなくても条件付き合格をもらえる場合があります。

海外留学してTESOLを取得するメリットとは

TESOLを取得することは日本でも可能ではありますが、国際的に認知されている英語教員用の資格として注目されており、ワールドワイドなコミュニケーションが中核を担っているため、より一層英語の必要性が高まる中で英語教員の更なる質の向上が世界で求められています。その状況下で日本人のように母国語が英語でない人、ネイティブではない人が、より高度な英語を学ぶことが出来るのが海外留学する最大のメリットであり、海外の大学に留学し、TESOLの取得を目指して世界各国から集まる人達と接する機会を得ることができます。世界で最先端の英語技法を学ぶことで、他の英語教員との差別化を図り、グローバルに通用する英語教員として活躍する近道になります。英語教員としても一国にとどまることなく更に広い視野で、世界を自分の活躍の場と捉えることができるのです。

なぜ海外留学することがTESOL取得に近道なのか

TESOL取得希望者には、あらかじめ教員免許が求められている場合が多く、国内外問わず大学に通って教員免許を取得したのちから目指すケースが一般的なため、TESOL取得を目指す人は英語教員としての経験年数を数年~10年以上という期間でステップアップする人たちも多数います。そのためTESOL取得希望者は本当に数多くの人がいて、世界各国から集まる方々も人種や年齢、キャリアなどがバラバラな人たちで構成されます。海外留学などの決心のいる特殊な経験をすることで、TESOL取得までの道のりが開け、刺激的な経験と高い目的意識が良い経験になるということが判明しています。世界的なコミュニケーションの場とは、TESOL取得を目標に掲げた時からスタートするのです。英語教員としてだけでなく、グローバル社会で生活していくために大きなチャンスとなるため、海外留学の機会は非常に魅力的といえます。