海外留学でTESOLを習得するのにかかる費用

TESOLとはTeaching English to Speakers of Other Languagesの略で、母国語が英語以外の言葉の人たちのための英語の教育方法です。よりレベルの高い英語教育を求める英語の教師に人気があります。世界中で学習機関にコースが設けられているので、世界に出て英語を教えるのに有効な教育方法といえます。TESOLは一般的な英語の検定資格とは違い、それらよりもさらにワンステップ上の英語を教えるための教育方法になるため、資格とはまた別のものになります。ですが英語を教えるものに変わりないので、このTESOLを修了するためには、もともとの高い英語力が必要になります。日本でのTESOLの履修も可能ですが、海外へ留学して履修するのがおすすめです。

TESOLを海外で履修するのにかかる費用は?

留学をするにあたって一番留学先として人気なのが、やはりアメリカですが、アメリカでの留学費用は大体一か月で40~50万程度、半年で80~100万程度一年間で120~150万程度となっています。大学の数が多いため大学によってコースが様々なのでTESOLを履修するにあたって自分に合った大学を選ぶことをおすすめします。つぎに多いのがイギリスです。イギリスは英語が生まれた国ですのでここでもさまざまなカリキュラムやコースを設けている大学が多数あります。イギリスでの留学にかかる大まかな費用は一か月で25~50万、半年で110~200万、一年間で200~380万程度になります。ここで記載した金額とは別途生活費や渡航費がかかってきます。費用と滞在期間をよく調整するようにしましょう。

留学生が多い国や地域は?どんな人が留学生に多い?

アメリカ、イギリス共に世界の各国から留学生がやってきますが、具体的にはどのような国や地域からの留学生が多いのでしょうか?やはり留学生が多いのは、アジアからの留学生が多いです。アジアでは母国語が英語ではないことが多いので必然的にアジアからの留学生が多くなってきます。また、オマーンや中東地域からの留学生も比較的多いです。オマーンでは政府がTESOL履修の支援を行っているので、政府の支援で毎年数人が派遣されることもあります。次にTESOLを履修するために留学する人はどのような人が多いのかについてですが、年齢は各大学にもよりますが、比較的幅広く留学生を迎えていることが多いです。だいたい20代から50代60代の方までが多いです。世界各地の大学の教授の方も専門的な勉強をするために留学することもあります。