勃起不全の治療薬の入手方法

勃起不全は以前は精神的に弱い男性がなるものといった悪いイメージが合ったかと思います。しかし勃起不全は血流の問題であったり、ストレスやプレッシャー、過去の体験など様々な問題から起こる疾患なのです。

そんな勃起不全は、基本的には治療薬による治療を行うことになります。そしてその治療薬の入手方法としては、2つをあげることができると言えます。

・処方をしてもらう
一番確実なのが処方をしてもらうということになります。処方をしてもらうというのは、病院にいき、現状の症状などを話して勃起不全であるという診断を受けます。そしてそののちに処方箋をだしてもらう、または病院でそのまま処方をしてもらうということになります。
その流れとしては
1)病院を探して、予約をする
2)診察をうける
3)持病、飲んでいる薬などをはなして、治療薬を飲んでも問題がないか、などを確認をする
4)処方をしてもらう
という風になります。
こういった流れで入手をすることで、自分の状態、持病、日常的に飲む薬が治療薬に対して干渉をしないかといったことが確認できるのが処方をしてもらうということの大きなメリットになります。
また、疑問を解消することもできますので、はじめて勃起不全の治療薬を飲むというときは、基本的には処方をしてもらうようにするのが良いでしょう。
ただ、デメリットとして、自費診療のために診察費などの予想がつきづらいということ、そして治療薬の値段が高いということがあげられます。

・個人輸入
勃起不全の治療薬は個人輸入で手に入れることができます。今は個人輸入代行のサイトが様々なものがあるため、かなり簡単に個人輸入で薬などを手に入れることができるようになりました。
個人輸入で手に入れることの大きなメリットとしては、価格が安く抑えられるということです。自費診療の診察費、そして処方をしてもらう薬に比べると、かなり安く半額とはいきませんが、7割り程度の価格には成ることかと思います。
さらにジェネリックなどを選択するともっと安くすることができるので、そういった選択をするのもよいでしょう。また家にまで配達してもらえるので、自分が勃起不全になっているということを誰にも知られないというのも良い点と言えるでしょう。
ただデメリットとして、信頼をできるサイトで購入しないと届くのがとても遅かったり、最悪のケースとして偽物が届いたりということにもなりかねません。個人輸入の時は値段も大事ですが、インターネットなどである程度信頼がおけるサイトを探して個人輸入をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です