勃起不全とパートナー

勃起不全というのは男性にとってはどうしてもつらいものです。原因が心理的なものであったとしても、加齢によるものであったとしても、その辛さには変わりがないと言えるでしょう。
勃起不全である、もしくはそうかもしれない、とおもったときにパートナーにはいうべきなのか、言わないべきなのか、悩む人も多いのではないでしょうか。

・勃起不全の原因
勃起不全の原因によっても、パートナーにいうべきか、悩み方が変わってくるかと思います。例えば糖尿病などを知らずに患っており、その流れで勃起不全がでてきているのであれば、これは断然いう必要があるでしょう。日々の闘病のための様々な管理をする上でパートナーの協力は欠かせないものになるからです。
しかし、心理的なものが勃起不全の原因の場合、余計に悩むのではないでしょうか?
心理的な原因として、現実的な暮らしのストレスや、不安であったり、パートナーの心ない言葉だったりというものがあります。
また、子供の頃の体験が原因というものもあります。
ただ、どちらにしてもこういったものを乗り越えていくには、パートナーの協力があったほうが良いですし、パートナーの言葉でEDになってしまったという人の場合は、そういったことを理解して貰う必要があります。
そういった点からも、やはり勃起不全の話はできたらパートナーにしたほうが良いと言えるのではないでしょうか。

・勃起不全と離婚、別れ
勃起不全が原因となる離婚や別れというのは少なくありません。
例えば勃起不全によって起こる問題としては、まずセックスレスをあげることができます。セックスレスの原因として、相手にEDであるということを伝えることが出来ればまだ良いのですが、そういうふうに伝えることができない、また自分自身がそういう状態であることを認めることができないという人も当然いるわけです。
そのため、そういった事情を相手が理解することができず、頑なにセックスを拒む男性にたいして別れを求めることもあるといえるでしょう。
また勃起不全ということは、基本的には不妊症の原因と成るということができます。そのため、積極的に勃起不全の治療を行なってくれない男性にたいしては、子供がほしい女性は離れていってしまう可能性が出てきてしまうと言えるでしょう。

勃起不全というとどうしても男性の悩みであり、男性自身が解決をするというイメージがあるかもしれませんが、パートナーがいる場合はパートナーにとっても重要な問題と認識しておいたほうが良いのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*