TESOL習得には海外留学がお勧め

日本人にとって、英語教育は時代の変化とともに、とても重要視されるものになってきました。そして、小学校でも英語の科目が導入されるようになりました。しかし、学校で英語を教えてもらうとなると一般的な公立の学校などでは、外国人教師によるネイティブな発音などを教えてもらえるところは少ないです。日本人による英語の授業を受けても、その授業内容が満足のいくものなのか不安に感じている保護者の方も多いのが現状です。また、子供を幼少の頃から習い事や通信教育を通じて英会話に触れさせている熱心な親も増えてきました。その際、教えてもらえるなら英語圏で生まれ育った外国人がいいなと思っている方も多いでしょう。今、英語教師を目指している方が注目しているのがTESOLというものです。そのプログラム内容は様々で、海外への留学で取得することもできます。

TESOLの特徴と取得の仕方について

TESOLとは、我々日本人のように、日本語を母国語としない人達にために向けて教えるにあたっての資格のようなものです。資格というと勘違いされやすいのですが、実際は資格ではなく、英語教授法を専攻した、または取得したといった客観的な証明があることにより、英語教育に関する仕事を探す際に効果を発揮するスキルのひとつだと言えます。TESOLを保有しているとアピールする上で、どのような機関に所属していたかとか、どのようなプロブラムや内容で学んできたのかが重要になってきます。それから、TESOLのプログラムは様々ですが、大学などでは、プログラムを受ける前にある程度の英語力を身につけているか求められており、修士学位以上の人からTESOL保有者と認められるのが一般的です。そこで、国内だけでなく、海外に留学して取得するのも方法のひとつなのです。

海外留学でTESOLを取得する際のポイント

TESOLのプログラムを海外留学で学ぶ際にも難易度によって様々なコースがあります。国内であっても、TESOL保有者となるためには、時間とコストがかかります。それに比べると、短期留学で取得できるのであれば、意外と留学費用も少なくすみますし、異国で生活することによって得られる経験値も貴重だと思われます。短期の場合は、今後の生活を大きく変えるまでのプログラムは得られなくても、スキルアップやTESOLはどういうものなのか知るには良い機会かもしれません。いずれにしても、TESOLのプログラムを受けるためには、教員免許を取得しているか求められることも多いので、あらかじめTESOL取得までに、どれだけの英語力を身につけ、必要な資格を揃えればいいのか、具体的な道のりを自分で計画しておくことがポイントになってきます。

土日祝日は、休校です!週末は、友達と楽しもう! 繁忙期に機器が不足した場合などはお任せください様々なイベントを毎週企画。ピザパーティやコンテスト、メジャーなスポットを通してカルチャーを学びます。 取引先約17,000社 取引先事業所(工場&事業所を含みます)約72,000社 2つのコースを同時申込すると、ディスカウントあり! TESOL受講希望の方へ【短期留学で自分に自信を!!】